日本人弁護士(日本・香港・NY州)による国際相続・海外企業法務

English お問合せはこちらContact Us
日本人弁護士(日本・香港・NY州)による
香港財産相続・海外企業法務
香港(永住権保有)在住・日本人弁護士による国際企業法務・相続・資産管理

香港で、日本人・日本企業が関係する国際企業法務・国際取引契約・国際相続・海外資産管理の実績(全国対応)を多数有する弁護士の絹川恭久です。

日本、NY州及び香港3つの法曹資格を持ち、日本(15年以上)と香港(5年以上)でそれぞれ実務経験を持っております。
国際相続の極意

所属法律事務所

琉球法律事務所(日本・沖縄弁護士会)
tel+81-98-862-8619
hpホームページはこちら
Fred Kan & Co.法律事務所(香港)
tel+852-2598-1318
hpホームページはこちら
各種お問合せ
email

新着情報news

福岡アジアビジネスセンターでセミナーをしました。

更新日:2020.1.14

私弁護士絹川恭久は、2020年1月14日、福岡アジアビジネスセンター(福岡ABC)において「第167回イブニングセミナー:デモ勃発後の香港の現状と今後のアジア圏での海外ビジネス展開について」というテーマのセミナーにおいて講演を行いました。

福岡アジアビジネスセンター(略称:福岡ABC)ホームページ
Fukuoka Asia Business Center
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目9-28
福岡商工会議所ビル8階 TEL :092-710-6195    /    FAX :092-710-6196

同セミナーでは、2019年6月以降激化した香港でのデモの現状を、米中貿易戦争の観点、一帯一路という中国の世界戦略の観点、粤港澳(広州)大湾区の地域発展計画と絡めて整理しました。

私は2019年10月以降もデモの継続する香港に月に2度(2週間)程度のペースで出張を行い、その中で現地でビジネスを行う日系企業や香港に居住する方々と情報交換を重ねてきました。

決してメディアで報道されている情報だけでなく、そういった体感を通して得られた生の情報を多数集めて得られた実感をお伝えさせていただきました。

当日は必ずしも多くないものの、変化の時期にある香港や中国について関心を持たれる熱心な聴衆の方々にお話しをお聞きいただき、講演後の懇親会でも親しく情報交換をさせていただきました。

人数が多いセミナーではなかなかできない密な交流を通し、その後の実務にもつながる有益な出会いがあったという思いを持っております。

こういった情報発信・交流の場を設定いただいた福岡ABCには感謝しております。今後もこういった講演の場を通じて皆様の役に立つ情報を発信していきたいと考えております。

弁護士 絹川恭久 拝

鉄板で防御する中国系銀行(九龍、香港)
鉄板で防御する中国系銀行(九龍、香港)
香港法、国際相続がらみのご相談

球法律事務所(日本・沖縄弁護士会) tel+81-98-862-8619  hpホームページはこちら
Fred Kan & Co.法律事務所(香港)   tel+852-2598-1318   hpホームページはこちら

メールでのお問合せ  email info@silk-stream.com

ページトップへ戻る
© 2022 Y. Kinukawa. All rights reserved
弁護士志望の学生から10年目以内の若手弁護士向け:キャリアとしての「国際弁護士」のススメ

【新刊のご案内】

キャリアとしての「国際弁護士」のススメ