日本人弁護士(日本・香港・NY州)による国際相続・海外企業法務

English お問合せはこちらContact Us
  • プライバシーポリシー・免責事項・本サイトの管理者について
日本人弁護士(日本・香港・NY州)による
香港財産相続・海外企業法務
香港(永住権保有)在住・日本人弁護士による国際企業法務・相続・資産管理

香港で、日本人・日本企業が関係する国際企業法務・国際取引契約・国際相続・海外資産管理の実績(全国対応)を多数有する弁護士の絹川恭久です。

日本、NY州及び香港3つの法曹資格を持ち、日本(15年以上)と香港(5年以上)でそれぞれ実務経験を持っております。
国際相続の極意

所属法律事務所

琉球法律事務所(日本・沖縄弁護士会)
tel+81-98-862-8619
hpホームページはこちら
Fred Kan & Co.法律事務所(香港)
tel+852-2598-1318
hpホームページはこちら
各種お問合せ
email

プライバシーポリシー・免責事項・本サイトの管理者についてPrivacy policy / Disclaimer / Administrator

プライバシーポリシー

弁護士絹川恭久又はその委託を受けた当ウェブサイトの管理者(以下「管理者」という。)は、当ウェブサイトの運営上またはそれらの業務上取得する個人情報(以下「個人情報」という。)の取扱いに関し,個人情報の保護に関する法律その他関係法令を遵守するとともに,以下の基本方針のもと、個人情報の保護に努めてまいります。

個人情報の取り扱いについて

  1. 個人情報は、厳正な管理の下で適法、適切に取り扱います。
  2. 管理者は、管理者が保有する個人情報を、以下の目的以外には、ご本人のご同意なく無断で利用することはありません。

    (1) 管理者の製品・サービス等について、印刷物の送付と電子メール等の方法によるご案内

    (2) お問い合わせの返信

  3. 管理者は、ご提供いただいた個人情報を、上記2の利用目的達成に必要な管理者が秘密保持契約を提携している委託先以外には、ご本人様のご同意を得ない限りいかなる第三者にも開示いたしません。また、管理者がご提供いただいた個人情報を上記により提供する場合にも、適法かつ適切に取り扱わなければならない旨提供先に強く求め、提供先からの個人情報の漏洩防止を図ります。但し、日本国の法律に従って個人情報を第三者に提供する場合は、この限りではありません。また、当ウェブサイトにリンクしているページにおける個人情報の保護に関する責任は、管理者では負いかねますのでご了承下さい。
  4. 管理者の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、下記窓口においてお受けいたします。
  5. 管理者は、管理者が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、上記各項における取り組みを適宜見直し、改善していきます。

このプライバシーポリシーの改訂について

今後、管理者はプライバシーポリシーの全部または一部を改訂することがあります。重要な変更がある場合には、管理者のページ上においてわかりやすい方法でお知らせいたします。

個人情報に関するお問い合わせ窓口について

弁護士 絹川恭久
E-mail:

免責事項

当ウェブサイトは,管理者が運営・管理するものです。

当ウェブサイトを利用される方は,下記の免責事項を必ずお読み下さい。当ウェブサイトを閲覧または利用された場合は,下記のすべての事項に同意されたものとみなします。

  1. 管理者は、当ウェブサイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが,提供している情報に関していかなる保証もするものではありません。当ウェブサイトの利用によって利用者その他の第三者に何らかの損害(直接的であるか間接的であるかを問わず)が発生した場合でも,管理者は一切責任を負いません。当ウェブサイトの利用にあたっては,利用者自身の責任において行って頂いております。
  2. 当ウェブサイト上のコンテンツまたはURL等は予告なしに変更または削除される場合があります。
  3. 当ウェブサイト上のコンテンツは,個別具体的な案件についての法的アドバイスの提供などを目的としたものではありません。
  4. 当ウェブサイトにアクセスされた利用者は,日本国内か海外からのアクセスであるかを問わず,当ウェブサイト利用に関して日本国の法律が適用されます。
  5. 本免責事項は,予告なく変更される場合があります。

本サイトの管理者について

株式会社シルクコンサルティング
E-mail:
ページトップへ戻る
© 2022 Y. Kinukawa. All rights reserved
弁護士志望の学生から10年目以内の若手弁護士向け:キャリアとしての「国際弁護士」のススメ

【新刊のご案内】

キャリアとしての「国際弁護士」のススメ