日本人弁護士(日本・香港・NY州)による国際相続・海外企業法務

English お問合せはこちらContact Us
日本人弁護士(日本・香港・NY州)による
香港財産相続・海外企業法務
香港(永住権保有)在住・日本人弁護士による国際企業法務・相続・資産管理

香港で、日本人・日本企業が関係する国際企業法務・国際取引契約・国際相続・海外資産管理の実績(全国対応)を多数有する弁護士の絹川恭久です。

日本、NY州及び香港3つの法曹資格を持ち、日本(15年以上)と香港(5年以上)でそれぞれ実務経験を持っております。
国際相続の極意

所属法律事務所

琉球法律事務所(日本・沖縄弁護士会)
tel+81-98-862-8619
hpホームページはこちら
Fred Kan & Co.法律事務所(香港)
tel+852-2598-1318
hpホームページはこちら
各種お問合せ
email

新着情報news

私の香港PCRテスト合格(Positive)体験記:番外編

更新日:2022.6.23

前編に戻る 一覧に移る

以前投稿した通り私は22年6月の香港渡航で、空港で受けたPCRテストで陽性(Positive)と判定されました。

無症状だったので恐らく偽陽性か何かだと思いますが、到着後、数日してから1週間の自主隔離ホテル(Self Quarantine Hotel)から隔離施設(Isolation Facility)に移されました。

隔離施設(Isolation Facility)といっても、私の場合、Ibis North Point Hotelというホテルだったので、予約していた自主隔離ホテルと質的な大差はなく、あまりヘビーな経験ではありませんでした。詳細についてはこちらに投稿しています。

私は隔離施設(Isolation Facility)での7日間の隔離を終えてすでに外出することができましたが、今回は番外編として、

私と同様陽性(Positive)と判定された結果、別の隔離施設(Isolation Facility)である「Penny’s Bay Community Isolation Centre」という、香ばしい名前の施設に滞在した方

から写真をいただきましたので、こちらに掲載しておきます。

外見は避暑地のよう?(笑)

Penny’s Bay Community Isolation Centreの外見は、建設現場の飯場よりは、しっかりした感じです。屋根や外壁におしゃれな傾斜支柱が入っているし、材質や色もラスティング(鉄錆び)的な色と風合いで結構シックです(笑)。

室内は?

室内設備の写真を見ると、二人部屋を一人で使えるなど、ある程度ホスピタリティも高いです。小さいですが、机とテレビ、電気ポットもあります。見たところ窓は若干小さめですね。

食事などその他のホスピタリティは?

配給食はこんな感じで、まあまあおいしそう。お菓子などの食べ物の備蓄も少しおいてくれているようです。

シャワーもユニット式ですが、私の止まった隔離施設のホテルと大差ありません。

Wifiは設備がないそうです。自分でMobile Wifiを持ち込むと、利用料金を後から政府が補填してくれる、ということのようです。たった1週間のために用意するの、面倒くさいですね。
現実的にはスマホのテザリング機能を使ったりするのでしょうか。

あとは、招かれざる同居人(ゴキさん)がいるのかどうか、という点ですが、知人がとまった部屋にはいなかったそうです。

以上のような感じです。私なら、まぁ1週間くらいなら何とかなるかな?といったところです。

いずれにしろ、お世話にならないに越したことはございませんね。

前編に戻る 一覧に移る

香港法、国際相続がらみのご相談

琉球法律事務所(日本・沖縄弁護士会) tel+81-98-862-8619  hpホームページはこちら
Fred Kan & Co.法律事務所(香港)   tel+852-2598-1318   hpホームページはこちら

メールでのお問合せ  email info@silk-stream.com

ページトップへ戻る
© 2022 Y. Kinukawa. All rights reserved
弁護士志望の学生から10年目以内の若手弁護士向け:キャリアとしての「国際弁護士」のススメ

【新刊のご案内】

キャリアとしての「国際弁護士」のススメ